FC2ブログ

yokota.blog

帰りの電車で思う事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アカデミー賞発表

昨日、アカデミー賞が発表されました。
外国語映画賞に「おくりびと」
短編アニメーションに「つみきのいえ」
と、ノミネートされていた二本の日本の作品が同時受賞です。

日本人としても誇らしい事で、自信にもなります。
今後さらに、海外でも活躍する日本人クリエーターが増えそうですし、
今後の、目指す指針にもなるので、とても嬉しいです。


さて、そして作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」でした。
インドのスラム街出身の青年が、2000万ルピーを賭けたクイズ番組の最終問題まで勝ち進み、これまでの悲惨な人生経験を振り返る物語。

これまでのハリウッド然とした、アカデミー賞の受賞作品とは違って、
スターの出演も無く、撮影は全編インドで行われ、英国の映画会社の出資で製作されました。
制作費も他とは、一桁違います。
当初、同作品は全米での公開は無い予定であったそうです。
カナダのトロント映画祭での受賞を機に、その後沢山の映画賞を獲得し、興行収益でもヒットを記録したそうで、今回のアカデミー賞では、作品・監督・脚色賞など8つのオスカーを獲得しました。


受賞式は、Xmenでウルバリンを演じた俳優ヒュー・ジャックマンが司会で、
プロデューサーが「ドリームガールズ」の製作者・監督ローレンス・マーク&ビル・コンドンでした。
ミュージカル仕立てで、部門賞が発表され、
また、「不況」をテーマに演出された手作業感(ダンボールや張りぼて感満載の舞台道具が使われていたり)がとても、ウィットが利いていて、楽しめました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。