FC2ブログ

yokota.blog

帰りの電車で思う事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

blog

blog.jpg
そういえば、今回の機会で、このブログを始めるまで、
いままで、「ブログ」という物に注目した事は少なかったです。

インターネット自体は、windows95が流行った頃に、始めました。
PC-98を買ってモデムをつないで、「ビヨンビヨン」というダイアルアップの接続音で、
「テレホタイム」にチャットなどをして居りました。
その頃には、多分「ブログ」って言葉は、まだ一般的ではなくて、「ホームページ」として、
「webやぎの目」
とか、
「俺とパンダ」
とか、
「ほぼ日刊イトイ新聞」
とかのサイトを、見ていた覚えがあります。。

なので、今回はちょっと、『ブログ』に付いて調べてみました。
元は、Web上の記録「WebをLogする」という意味で、Weblogと名付けられ、
それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになったそうです。
日本においては既に、2ちゃんねる(1999年5月30日オープン)などの電子掲示板があり、
海外に比べ3、4年遅れて2002年頃に急速に広まった模様です。

2006年には世界のブログ投稿数の37%が日本語によるもので、
英語や、中国語を抑えて1位であったという報道もあったそうです。
世界のウェブサイトの8割が英語という中での結果なので、
「ブログ」の日本での普及度の高さが伺えます。

そして、大手ブログ上位の開設数は、
アメーバー250万、ライブドア240万、ヤフー150万だそうで、
その日本のブログ数は、推計1,985万サイト(2008年3月矢野経済)なので、
単純計算で、6人に一人がグログを開設中という事に成ります。

しかし、その情報発信の裾野が広がったことに加え、多くのブログが日記形式である為、
公に公開されている事を重要視せずに、
個人的な日記を書くように自身の不道徳な行為や個人情報の暴露や、
企業の内部情報や機密情報などが漏洩してしまう場合があります。

また、ブログには犯罪の契機そのものになる可能性や、虚偽の情報が広がってしまう危険もあります。

その理由には、インターネットの広がる展開が、早かったため、
人々のリテラシーや、法の整備が追いついていないという現状もあるだろうと、思います。

世界に向けた情報の発信が、個人で行えることは、
数え切れないほどの、多くの機会を生み出し、それぞれの可能性を広げます。
しかし、その対面のリスクを把握しておかないと、とても危険であるわけです。


差し当たり、この私の散文は、

憮魯愚
と呼ぶに等しいやもしれません。

なんとか、価値有る物にするために、日々勉強いたします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

思うこと

ブログ、見ました。ご苦労様。

日本人って、ブログとか書き込みとか、そういう”ちまちま”したことが好きなのかね。
ブログ投稿数の37%が日本語って、異常な数字だと思いました。

カンヌに行ったときに、報告の手間を省こうとブログを書いてみたけど、
「書く時間+ネタ収集行動」でなんだか自分の時間がどんどんブログに割かれていっている
感じがして、書くモチベーションの維持が大変でした。
少なくとも、カンヌから帰ってからあのページを覗いてすらいません。


ちなみに、このブログだけど、もう少し、「ブログならでは感」と「YOKOTAならでは感」が
あると、少なくともこちらとして覗くモチベーションはあがるかと。

今回の記事でいうと、最近の人気のブログとかオモシロブログパーツを見つけてみたりとか
YOKOTAなりに「読者を倍増させる秘訣」みたいなのを勝手に書いてみたりとかね。

いっそのこと、我々前提じゃなくて”全世界前提”で読者を1000人にすることを目標にやってもいいかもね。

k_mata | URL | 2008-11-26(Wed)18:18 [編集]


ブログ発

そうでした。

ありがとうございます!

滞って、おりました。
まず、折角ブログを始めたからには、
楽しまなけりゃ、損です。

沢山、更新します。

yokota | URL | 2008-11-26(Wed)22:34 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。